注目

プリント

現在リサイクルトナーが注目されている傾向にあります。
数年前まではリサイクルトナーは欠陥が多くあり、多くの企業などでトラブルを起こしていました。
しかし、現在登場してきているリサイクルトナーはその技術を向上させ知名度を上げてきています。
注目を集めている理由について書いていきます。

■品質管理
リサイクルトナーは品質が重要です。この品質の問題は過去にあった欠点の1つであり、破損などの原因になるものです。
その為、現在重点的に管理しているものとして、傷や破損、テストプリントシステマティックに管理を行っています。

上記のような管理を怠る場合、コピー機に影響を与える可能性が考えられます。
オフィスでのOA機器は現在多様なものが登場してきており、それに伴いレーザープリンターなどが需要を拡大したのです。

制限

ドキュメント

リサイクルトナーは現在企業などで利用できるものとしてその注目を集めています。
昔はモノクロだけのものでしたが、現在ではフルカラーのものが登場してきており、汎用性が高くなっていると言えます。
リサイクルトナーは通常一回利用すればその後空になったカートリッジは廃棄されます。この廃棄されるカートリッジを利用したものがリサイクルトナーと呼ばれるものとなります。
これは繰り返して利用することができるものです。

■回数
上記ではリサイクルトナーは複数回繰り返し利用することができると書きましたが。このリサイクルトナーを利用するためには適応したコッピー機をしっかり選ぶ必要性があります。
また、利用出来る回数にも制限があり、この制限に達した場合廃棄されることになります。限度を超えたものを利用した場合コピー機が破損する恐れがあります。
この廃棄されるカートリッジも部分的に全て分解され、他の原料として再利用されます。

トナー

プリント

コピー機に利用されるトナーはいくつかの種類があります。
主に四種類存在しており、用途などに合わせて利用するトナーを選ぶのです。適切なトナーを選ぶことで品質を上げることができます。
このトナーの種類について書いていきます。

●種類

・国内純正トナー
国内の業者が作ったトナーであり、一般的に企業などに販売されているものです。価格は消耗品としては高額と言えます。

・輸入純正トナー
国内ではなく海外で生産されたトナーです。国内トナーと輸入トナーとはマークを見れば区別をつけることができます。
マークは外箱に入っているものが多いです。

・汎用性トナー
メーカなどを証明するマークなどは入っていません。これによりブランド力は低下しますが、関連した工場などで生産されているものですので品質は全く問題ないものとなっています。

・リサイクルトナー
リサイクルトナーは使用済みのトナーカートリッジを利用するものです。
登場した当初ではリサイクルトナーの品質はいいものではありませんでした。その為、コピー機などの破損する原因になっていました。

・リサイクルトナー(カラフル)
リサイクルトナーはカラフルのものが登場してきており、その品質は近年目を見張るものがあります。